NST 栄養サポートチームについて   
      (Nutrition Support Team)

NSTは1970年にシカゴで誕生しました。
栄養管理によって患者様のPEM (Protein-Energy Malnutrition)を入院時早期に改善する
ことによる医療経済的効果が極めて大きいため、
栄養アセスメント手法の確立と病院内に栄養サポートチームを設立する重要性が医療関係者に認識さてます。

            NSTの対象症例

    栄養管理を必要とするすべての患者さん
静脈栄養(末梢 中心静脈栄養)
経腸栄養(経鼻 腸瘻
経口栄養

            NSTの役割
栄養評価 特別に栄養管理が必要か否かの判定
適切な栄養管理が実施されているかの確認
もっともふさわしい栄養管理法を指導 提言
栄養管理に伴う合併症の予防 改善
栄養管理上の不安 問題解消
社会復帰を助ける

在宅での取り組み

現在、訪問看護 訪問介護をご利用頂いている、嚥下障害のある利用者様について実施しております。


訪問看護時も管理栄養士が定期的に訪問してます。

看護師 介護福祉士 管理栄養士 調理師が主治医の先生と相談しながら、在宅での栄養管理を実施してます。

サービス案内